育児ノイローゼについて

みなさん、育児ノイローゼという言葉を聞かれたことはあるでしょうか?育児ノイローゼは、赤ちゃんを産んだことがある女性なら、誰もが経験したことのある症状なのです。女性は、出産という大仕事を終えると、今度は育児という大仕事が待っています。出産で体力を消耗したのに、また忙しい毎日が始まるのです。ここでは、女性の誰しもがなり得る育児ノイローゼについて解説しています。

スポンサードリンク

密室育児からくるストレスに注意して下さい

育児の際、赤ちゃんと2人きりになる、いわゆる密室育児が育児ノイローゼになる原因の一つだと思われます。

育児は想像以上に大変なものです。育児からくるストレスは相当なものだと思います。それなのに、そのストレスを発散する機会がないと育児ノイローゼになってしまうのは当り前かもしれません。

そもそも育児は、夫婦2人でやるものだと思います。ご主人の協力があるかないかで、奥さんの体調は良くも悪くもなるのです。育児ノイローゼにならない為に、ご主人の存在はとても大きいのです。


ベビースリングのお得な通販情報
タンポポ茶 ショウキT-1で不妊症を改善する
マカで不妊症を改善する
不妊治療:不妊症を治療して妊娠する

育児ノイローゼになってしまう原因は

育児ノイローゼになってしまう原因は、人によって色々あると思います。ですが、いくつかの共通点があります。

 1.出産後のホルモン変化
女性は出産後、ホルモンのバランスがくずれて平静でいられないことがあります。これは、マタニティー・ブルーと呼ばれ、生理学的にも立証されています。

 2.完璧主義な性格
お母さんの性格が真面目な方ほど育児ノイローゼになりやすいようです。子供を育てるという責任感から完璧なママを目指して無理をしてしまうのです。完璧な人なんていません。ですから完璧なママも当然いないのです。頑張りすぎないことって大事なのです。

 3.ご主人の理解
育児というものは本来2人でするものです。ご主人は「男は外で仕事を頑張っているのだから、育児は女がするもの」なんて思わないようにして下さい。仕事は大変でしょうけど、育児だって大変なのです。ご主人の理解ある考えや行動次第で、奥さんが育児ノイローゼになるかならないかが決まるといっても言い過ぎではないと思います。

男性不妊 治療:男性不妊の原因を知り治療する
ベビーサイン|赤ちゃんとベビーサインのやり方

育児ノイローゼの対処法は

育児ノイローゼの対処法にはどのようなものがあるでしょうか。育児ノイローゼの対処法としては、やはりストレスをためないことが一番だと思います。ですから、いろいろな人と会って育児に関する悩みや愚痴を話し合えるようにして下さい。

たとえば、育児サークルに参加してみるのもいいですし、保健婦さんによる自宅訪問を利用するのもいいと思います。最近は、インターネットがありますから、インターネットで同じ環境におかれているママさんサークルみたいなものを探してみてはどうでしょうか。

また、たまにはご主人にお子さんを預かってもらい、自分自身のために時間を作るのもストレス解消になります。実家に預けて、ご主人と二人で泊りがけで出かけるなんていうのもいいと思います。育児ノイローゼの対処法はストレス解消がキーワードです。

育児ノイローゼにならない為に

育児ノイローゼにならない為には、人と話をすることです。育児という大仕事からくる色々なストレスを、一人でため込まないようにすることなのです。

例えば、育児ノイローゼカウンセラーの方を利用するのもいいと思います。友達の先輩ママと話をするのもストレス解消になるでしょう。

しかし、一番大事なのはご主人ではないでしょうか。育児ノイローゼにならない為には、周りの人の援助が絶対に必要です。ご主人が奥さんを理解してあげる、サポートしてあげるというのは言うまでもないことです。

ご主人の理解が大事なのです

奥さんが育児ノイローゼにならない為の対処法として、一番大事なのはご主人の理解だと思います。

出産後、休むことなくすぐに始まる育児を頑張っている奥さんの大変さを理解することで、育児ノイローゼの対処ができるのです。育児を頑張っていることにご主人が理解を示さなければ、奥さんが育児ノイローゼになる可能性は高まるでしょう。

当り前の話ですが、育児というものは夫婦2人が協力して行うものです。ご主人も仕事で疲れているかもしれませんが、家に帰ってきたら積極的に育児を手伝うようにして下さい。

精神的に不安定な状態のこと

育児ノイローゼになってしまう原因には、育児からくるストレスや女性の出産後のホルモンバランスの崩れなどが考えられます。

育児ノイローゼの症状としては、動悸がする・めまいがする・イライラする・怒りっぽくなる・拒食や過食になるなどの症状があります。

この育児ノイローゼの状態は、一般的には、出産後1年程度の間に起こる精神的に不安定な状態のことをいうようで、マタニティーブルー、不安発作、パニック障害、強迫性神経障害などと呼ばれるものと同様の症状があるようです。

一つ一つ解決していきましょう

育児ノイローゼを治療するにはどうしたらよいのでしょうか。育児ノイローゼの治療方法は、育児に関してストレスに感じていることを一つ一つ解決していくことだと思います。

そのためには、ご主人の協力が絶対に必要です。今までお母さん一人で抱え込んでいた育児をご主人が手伝うことで分散させます。それだけでも、随分と負担は減ってお母さんのストレスは減るのではないでしょうか。育児に対する不安や悩みなども親身になって聞いてあげるようにして下さい。それだけでも、ストレスは軽減されるものです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。